役員メッセージ

代表取締役CEO(最高経営責任者)服田伸人
代表取締役社長 服田伸人

我々が最も大切にしているものは、いつも助けてくれている「お客さま」であり、そしてそのお客さまを大切にしてくれている「従業員の皆さま」です。法人としての「義務」を追求し「経営者」としての「責任」を全うする。それが私の全てであります。当たり前のことを当たり前に行える企業こそが、最大の社会貢献会社であり、存在価値なのではないでしょうか。信義誠実の元、全てをオープンにしながら運営することを心がけております。我々に関わる人が、お互いに良くなるような施策を実行し、出会えて良かったと思っていただける会社作りを目指します。当社は2018年で11期目を迎えますが、諸々の事情でそれぞれの道に進むこととなった過去の従業員や共存共栄の関係を改めた取引先など、様々な代償の上に今の私たちが存在していることを忘れず、今まで以上に努力を続けて参ります。服田ホールディングス株式会社を宜しくお願い致します。

取締役COO(最高執行責任者)服田主税
取締役副社長 服田主税

当社は2008年の設立以来、美容サービス・輸入車販売事業に誠心誠意取り組んでまいりました。この間、店舗事業を通して、大勢のお客さまとお会いしてサービスを提供してきましたが、従業員全員がお客さまの立場に立って行動していくことは、簡単なようで簡単ではないと日々感じております。我々に課されている使命は、常に進化を続け、最速のスピードでお客様のお役に立つようなサービスを追求していくことであり、これこそが企業としての責務ではないかと考えております。時代は変化し続け、驚くべきスピードで変わってきております。しかし、このような時代だからこそ、求められるのは「人と人との繋がり」であると考えております。服田ホールディングス株式会社は、お客さま一人ひとりの可能性を大切にして、様々な挑戦を通じて未来を構築していきます。笑顔で溢れかえる社会の実現を目指して努力して参ります。

取締役 熊谷太輔
取締役 熊谷太輔

当社は、輸入車販売事業によりお客さまが豊かなカーライフを送るお手伝いをしております。私は当部門を通してお客様に感謝をお返しして参ります。当社のモットーは「お客様第一主義」であり、お客様あってこその店舗運営です。購入、整備、保証、メンテナンスに至るまで、車のワンストップ店舗を構築してきました。また、お客さまにとって最適な価値あるカーライフをご提案し、リスクを最小限にとどめて購入できるサービスに努めてまいりました。時間をかけてお客さまとお話をさせていただいた上で、最適なカーライフの将来設計をお客さまと共に作り上げていきます。また、ご購入後もお客さまに寄り添い、末永くサポートしていく体制を整えていきます。我々は既存サービスの改良、新しいサービスの構築など常に進化させ、お客さまに「喜ばれる」販売店となるために、お客様からお預かりした「信頼」と「責任」を胸に尽力して参ります。

取締役 山田結
取締役 山田結

私達はお客様が期待以上に喜んで頂けるサービスを提供するために、最高のまつげエクステンション技術をはじめ、接客や施術スピード向上の努力を常に行なっております。一人ひとりが接客のプロである以前に一人の社会人として礼儀をわきまえ、思いやりを持って行動できるようにと、社員教育にも力を入れております。私は服田ホールディングス株式会社に入社し、「当たり前のことを当たり前に行うこと」の重要性を学んだことで、自らの職務が明確になり、日々、責任を持って行動することが自然にできるようになりました。今後も様々な業務を行っていく上で、全従業員が同じ目標に向かって、お客様のために最大限努力していくことが当社の責務だと考えております。また、私たちがこの場に存在できる意味を一人ひとりが考えて感謝することで、常に向上心を持って業務に取り組んで行くことが、社会貢献になると考えております。

執行役 竹内晋作
執行役 竹内晋作

当社は、2018年2月に11期を迎えました。これもひとえに、お客さま、関係者の皆さまの評価と信頼の賜物であると心からお礼申し上げます。さて、1ステージ10年と考えますと第2ステージに入ったことになります。第2ステージも変化の激しい時代になることが予想されますが、当社のビジョンである「世界の人々から本質的に必要とされる企業グループを目指す」を軸として、変化に迅速に対応し、思慮を持って行動し、新たな分野にも果敢に挑戦することで、企業として成長して参ります。私たち服田ホールディングス株式会社は、「より多くの人に感謝をお返ししてきます」という経営理念を胸に、「いかに未来へ貢献できるか」を常に考えながら、挑戦し続けていきたいと思います。そして、「お客様、お取引先ならびに社員とその家族が、笑顔と感謝の言葉で溢れる」企業を目指して、革新を続けて参ります。

pagetop